So-net無料ブログ作成

昨今のトム

いろいろあって
悩んだり怒ったり泣いたり
ちゃぶ台投げたり (ノ´∀`)ノ ~┻━┻ソォイ

明日は晴れればいいと思う [大学のお話]


ご無沙汰しております
ある意味で生死をさまよっているとむでございました。

いい加減、2度に一回の鬱内容のブログ更新からは卒業し
「アホな話や失敗話笑ってもらえりゃ万々歳!」
なテーマに突入したいのですが
問屋さんがよく意地悪をしてそうはおろしてくれないのです・・・。









私がこうなってしまったことを振り返り

反省すべきは
人を気遣うことと機嫌をとるということを
丸ごと一つとして扱っていたことが、最たる原因だと思いました。
気遣ってつく嘘は何ともないが
機嫌を取ってつく嘘は必ずしこりが残り
そして
「実はあの時~」
等と言いだすのです。
後だしは痛々しい、言われる相手も言う自分も。

だから、正直に生きようではないか
思ったことは肯定否定にかかわらず言おうではないか
というのが、
今日からの目標だったのでございます。

久々にたくさんの人と会ったので
だいぶ疲れましたが
心構えをちょっと変えただけで
だいぶ楽になれたと思います。

精一杯考えてみて
どこかずれているような気がしつつも
原因が見つからないのでそのまま直行。

家に帰ってきてから
だいぶ疲れる理由の一つには
友人の一人から逃げ回っている、ということもあります。

その友人は、私をこの病気に追い込むのに一役買ったと言って間違いはなく
そして、私が嫌われたくないという性質のために
なんとも悪い相乗効果を発揮しました。

ここのところ顔を合わせる機会があり
病んだ自分の反省点と後期からの目標を
伝えようとするものの
私は彼を見るとただひたすらに視界に入らないように逃げてしまうのでした。

「話さなきゃ」というよりも先に
「また言われる」「また責められる」
とどうにも委縮してしまうのです。
一度話しかけられたその時も、頭が真っ白になって
「すごかった」とかなんとか一言いうのがやっとでした。

メールのやり取りはあります(今日のはかえってきてませんが^^;)
でも、メールでいえばいいというようなものとも思えず
口頭で言わなければ、多分目標を伝えても
また逃げ回るのでしょう。
相手の目を見て自分のくちから言うことが
区切りなのだと思います。

聞かされた瞬間体温が下がる出来事を聞きましたが
一生分のポーカーフェイスを使ったと言っても過言ではないほどに
ひたすら
何ともないふりを装いました。

最近も相変わらず泣いております
家に一人でいるときはそんなものです
泣きながらご飯食べて
泣きながら茶碗洗って・・・。

何が原因で何が悲しくて泣いているのか・・・
これだけ泣いているのにわかりませんが
「私」の気が晴れるのならまぁいいか?
と、泣ける状況の時は泣いております。

泣きながらでも、ごはんは食べます(ヨーグルトですが^^;)
ご飯は元気の源です
どんな心持であれ
食べれるならば食べておけ
ここで食べることをやめたら一気に転がり落ちていきそうですね。
もりもり食べますよ(トムグルト)


本来は別なことに使うべきエネルギーが
今は泣くことで消費されていますが
省エネ精神に基づき、正しいエネルギー循環を手に入れ
もとの「トムさん」に戻り、残りわずかの学校生活を過ごすべく
がんばることをここに宣言いたします

あと、食生活を戻すことも(笑)


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 3

nyanmitsu

つらい状況の中で何とかがんばろうとしている
トムさんの気持ちが伝わってきて、、
ここでの繋がりしかないけれどトムさん好きだから応援したい
一度にたくさんムリしないでね いくらかでもゆっくりとゴハン食べてね
by nyanmitsu (2009-10-05 02:56) 

チュリコ

何を書こうかと迷って、悩んで、
何度もお尋ねしたのですが、足跡を残さずに画面を閉じていました。

自分の色々な過去につながる事もあるのですが、
うまくお話できないもどかしさがあります。

何の力にもなれない言葉しか書けませんが、
「泣きはらしたその後に、飯を食う」
そんな人間のしぶとさこそが、生き物としての力だと思います。
無理にでも、『食』ってください。
悲しみをしみこませた心は、
時間とともに成熟し、絶対に価値のあるものを生み出します。

伝えきれないもどかしさ、
人と人は、常に抱えているものなのかもしれませんが、
そんな事は慰めにはならないでしょう。
自分にうそを付かない事が、自分の心を守る方法だと思います。

nyanmitsuさんの書かれている言葉、とっても優しくて、心に響きました。
by チュリコ (2009-10-05 08:59) 

kogane

頑張り中お疲れ様です。
泣き倒しても食べてくれて嬉しいです。

お話してくださった事の内側には、
計り知れない心労がある事と思います。

昔、私も泣き暮らした事があって、
なんとかしなくちゃいけない。
前進しなくてはいけない。と、
暫くツルツルの崖に爪を立てて滑り落ちてるのか登ってるのか解らない事を続けてた頃がありました。

でも、今、生きてて、
楽しい事も嫌な事も困難な事も有頂天になる事も
それからたくさん体験できてるので、
結果オーライだと思ってますw

どうお伝えしたら良いのか悩みますが、
どんな経過を経ても、
結果とむさんがまた
笑い倒して一日が過ぎる、そんな日もある。

そんな日常に到達していただけたら
私は嬉しいです。


by kogane (2009-11-04 13:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。